忍者ブログ

除草剤

プロの農家が語る除草剤の選び方

スポンサーリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

選択性と濃度による効果の違いに注意

 芝生の除草剤では、芝生には効かなくて、他の雑草にだけ効く選択性除草剤を使います。アミノ酸系除草剤(グリホ剤)は、非選択性であるため使えません。アミノ酸除草剤の使用説明によく「1年草=200倍」「多年草=100倍」と書かれています。このためアミノ酸系除草剤(グリホ剤)を200倍で散布すれば、多年草である芝生には効かずに、1年草の雑草だけが枯れるように誤解してしまいがちです。グリホ剤はあくまで非選択性ですので注意してください。200倍の薄い濃度で芝にまいた場合、先に1年草だけが枯れて、一見選択性があるように思いますが、だいぶ後になって芝生に影響がでて、最後には枯れてしまいます。アミノ酸除草剤が薄い濃度で多年草にかかった場合、効果の出現が遅くなるけど、間違いなく効いているということです。濃度の違いにより枯れるスピードが違うことと、選択性と非選択性とは意味が違いますので、注意が必要です。

イネ科に効かないものと芝生に効かないもの

さて、前置きが長くなりましたが、芝生には、芝生用の選択性除草剤を使います。芝の選択性除草剤には、選択性の仕組みから、「芝に効かない」ものと、芝に「効きにくい」ものに分けられます。芝に効かない(イネ科に効かない)ものとしてたとえばMCPP剤(フェノキシ系)、芝に効きにくい系列とし、たとえばアージラン(成分名アシュラム、酸アミド系)があります。MCPP剤は植物ホルモンのオーキシンと同じような作用でホルモンバランスを崩すものですがイネ科に作用しません。一方アージランは細胞分裂阻害剤ですが、これはイネ科にも効きます。ただ、芝に対しては、他のイネ科の雑草よりも効果がごく微量ですので、結果として、芝以外のイネ科雑草を枯らすことができるわけです。つまり、アージランは濃度が重要で、これを間違えると芝にも影響が出るということなのです。

芝生の除草剤には、イネ科雑草がない場合はフェノキシ酸系、イネ科雑草がある場合はアージランというのが基本パターンと言えそうです。プラス、雑草発芽予防剤を組み合わせれば、効率のよい芝の雑草管理ができます。また、今後は米の除草剤として活躍しているSU剤の芝への応用が増えてきそうです。

PR
スポンサードリンク
除草剤リンク

◯より専門的な情報は以下のサイトより
植物調節剤研究会
農水省の農薬のコーナー・除草剤が正しく登録されているかチェック
農薬ネット・有名な農薬掲示板があるサイトです
グリーンジャパン・トップ→農薬情報→除草剤で
雑草図鑑・JA全農の雑草図鑑。除草剤情報はごく一部のみ掲載
PRTR指定検索

ブログ内検索
◯この除草剤ブログは、(兼業)畑作農家である筆者A.S.が、ふだん除草剤を使っているときに、思ったり考えたりしたことなどをまとめています。このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。このサイトの除草剤の分類法などに関しては←こちらへ
当サイトの記事の著作権は管理人である兼業畑作人A.S.に属します

ブログランキング
track feed
除草剤 technora
スポンサードリンク

スポンサードリンク


忍者ブログ[PR]
【背景画像】Graphic by (c)Tomo.Yun URL(http://www.yunphoto.net )
【ご注意】このサイト「除草剤」は特に除草剤を擁護するものでも批判するものでもなく、また特定の成分の除草剤を推奨するわけでもない筆者の中立的で曖昧なスタンスを予めご了承ください。【免責事項】このサイトの情報に起因する読者の結果については、読者の自己責任であり、当サイトおよび管理人の一切の責任は問われないむねにご同意した上でお読みください。【プライバシーポリシー】当サイト「除草剤」が収集した情報(アクセス解析によるIPアドレス・いただいたメールアドレス等)は当サイトの維持管理以外の目的には使用されません。また当サイトに掲載されているGoogleAdsense広告ではブラウザーのクッキー(cookie)機能やwebビーコン機能により、閲覧をトラッキングすることが可能となっています。なお、cookieにより閲覧者個人が特定されることはありません。閲覧者はブラウザーの「cookieを受け入れる」をオフにすることができ、クッキーによるトラッキングを避けることができます。
Copyright(c)2007 除草剤 all right reseved