忍者ブログ

除草剤

プロの農家が語る除草剤の選び方
スポンサードリンク

選択性と濃度による効果の違いに注意

 芝生の除草剤では、芝生には効かなくて、他の雑草にだけ効く選択性除草剤を使います。アミノ酸系除草剤(グリホ剤)は、非選択性であるため使えません。アミノ酸除草剤の使用説明によく「1年草=200倍」「多年草=100倍」と書かれています。このためアミノ酸系除草剤(グリホ剤)を200倍で散布すれば、多年草である芝生には効かずに、1年草の雑草だけが枯れるように誤解してしまいがちです。グリホ剤はあくまで非選択性ですので注意してください。200倍の薄い濃度で芝にまいた場合、先に1年草だけが枯れて、一見選択性があるように思いますが、だいぶ後になって芝生に影響がでて、最後には枯れてしまいます。アミノ酸除草剤が薄い濃度で多年草にかかった場合、効果の出現が遅くなるけど、間違いなく効いているということです。濃度の違いにより枯れるスピードが違うことと、選択性と非選択性とは意味が違いますので、注意が必要です。

イネ科に効かないものと芝生に効かないもの

さて、前置きが長くなりましたが、芝生には、芝生用の選択性除草剤を使います。芝の選択性除草剤には、選択性の仕組みから、「芝に効かない」ものと、芝に「効きにくい」ものに分けられます。芝に効かない(イネ科に効かない)ものとしてたとえばMCPP剤(フェノキシ系)、芝に効きにくい系列とし、たとえばアージラン(成分名アシュラム、酸アミド系)があります。MCPP剤は植物ホルモンのオーキシンと同じような作用でホルモンバランスを崩すものですがイネ科に作用しません。一方アージランは細胞分裂阻害剤ですが、これはイネ科にも効きます。ただ、芝に対しては、他のイネ科の雑草よりも効果がごく微量ですので、結果として、芝以外のイネ科雑草を枯らすことができるわけです。つまり、アージランは濃度が重要で、これを間違えると芝にも影響が出るということなのです。

芝生の除草剤には、イネ科雑草がない場合はフェノキシ酸系、イネ科雑草がある場合はアージランというのが基本パターンと言えそうです。プラス、雑草発芽予防剤を組み合わせれば、効率のよい芝の雑草管理ができます。また、今後は米の除草剤として活躍しているSU剤の芝への応用が増えてきそうです。

PR

芝生除草剤の5タイプ分類

現在よく使われる芝生用の除草剤には、

  • (1)広葉系にのみ効くフェノキシ系(商品多数)
  • (2)イネ科にも効く酸アミド系のアシュラム(=アージラン液剤)
  • (3)スルホニルウレア系=SU剤(シバゲン、インプールDFなど)
  • (4)発芽予防剤(バナフィン、テュパサン、プロジアミンなど)
  • (5)土壌処理剤=根から吸収(DCBN)
の5つの系列が主にあります。

フェノキシ系は合成植物ホルモン

芝生の除草剤として最もスタンダードでホームセンターなどでもよく目につくのが(1)のフェノキシ系です。この項ではフェノキシ系除草剤について、突っ込んでみてみましょう。

フェノキシ系の除草剤は成分名では以下のような薬があります。

    フェノキシ系除草剤成分
  • 2-4-D(または2.4-PA)
  • MCPA(またはMCPソーダ、インプロピルアミン)
  • MCPP
  • トリクロピル(またはザイトロン)
などがあります。ホームセンターなどで売られている「芝生用除草剤」のほとんどが、これらの成分だと思います。いわゆる「芝生用除草剤」はフェノキシ酸系が主流なのです。

フェノキシ酸系は「合成植物ホルモン剤」で、植物の成長に関係するオーキシンというホルモンと同様の働きをします。ホルモンバランスを狂わせて植物を枯らすのがフェノキシ系除草剤の仕組みです。

植物ホルモンといえば、「トマトトーン」というトマトやナスの着果を促進するホルモン剤がハウス栽培などで使用されていて、ホームセンターなどでも売られています。トマトトーンはパラクロロフェノキシ酢酸(4-CPA)という合成オーキシンで除草剤2-4-Dに近い物質です。

芝生除草剤といえばフェノキシ系だが

ホルモン剤は植物の生長をよくも悪くもコントロールします。たとえば、除草剤2-4-Dは、花を付ける前の若い雑草にまくときれいに枯れてくれます。しかし、大きくなって花を持っている雑草に2-4-Dをまいてもすぐ枯れません。2-4-Dがかかった育ちすぎの雑草は、枯れないかわりに、茎の上から下まで短いヒゲ根が無数に生えて、気持ち悪い状態になります。ようするにホルモンバランスが崩れて成長が狂ってしまって奇形化するのです。

フェノキシ系除草剤は、植物ホルモン剤のトマトトーンと同様な成分と思うと好意印象ですが、一度,雑草が奇形化するのを見てしまうとちょっと考えさせられます。人間のホルモンと関係ありませんのでホルモンだから安全とか危険とかというのはナンセンスなことなのですが・・・・。このフェノキシ酸系のなかの2-4-T という薬が枯れ葉剤としてベトナム戦争で使われていて、フェノキシ酸系の発ガン性や人畜の催奇性が疑われているのも事実です。

いわゆるフェノキシ系の除草剤は、環境に優しいと言われるアミノ酸系などに比べると、「環境に優しい」と言い切れないのかもしれません。

広葉系対象の選択性除草剤

ホームセンターなどで販売されている一般向けの「芝生の除草剤」の成分を見てみましょう。MCPA(またはMCPソーダ、インプロピルアミン)MCPP、トリクロピル(またはザイトロン)、2-4-D(または2.4-PA)などを原料にしているものが多く目につきます。これらはフェノキシ酸と呼ばれる合成植物ホルモン剤です。

芝生除草剤ということは、芝生には効かずに雑草だけが枯れるという意味ですが、フェノキシ酸系は芝生を含め全てのイネ科植物には作用しない選択性除草剤です。芝生に生えたイネ科以外の雑草対策には、フェノキシ酸系除草剤が便利です。芝生への影響が全くありませんので、芝生のことを気にせず雑草退治ができます。ただし、フェノキ酸が効果がある草はキク科やマメ科目の1年草の広葉系雑草だけです。

また(ほんとうのところははっきりわかりませんが)発ガン性や残留性についてなんやかんや言われることが多いのもこのフェノキシ系列の除草剤です。ですので、家庭の芝生管理などの場合、わざわざフェノキシ酸系除草剤を使う必要が、ほんとうにあるのか?ちょっと考えてみましょう

そもそもフェノキシ系除草剤は、広葉系の草だけに効くものです。イネ科の雑草には効果がありません。実は、広葉系の雑草は、管理された芝生のターフの中では、それほど問題にならないと思います。たとえ管理をしていなくて、広葉系の雑草が増えてしまったとしても、除草剤に頼る前に、まず草刈りをすることをおすすめします。広葉系雑草はたいてい柔らかいので、草刈りの邪魔をあまりしません。

草刈りをして半月〜1カ月、残っている根っこや茎から、ふたたび広葉系雑草が復活します。その時、ヒマをみて手で根っこごととってしまいましょう。慣れると、広葉系雑草の草むしりは思っていた以上に成果をあげます。「やってみたら草むしりも案外楽だった」ってことなら、わざわざ除草剤を使わなくてすむわけですから。もっとも確実な除草法は「手で根こそぎとる」ことなのです。

草刈り草むしりに学ぶ除草剤の必要最小限の使い方

除草剤を使う前に、「除草剤が絶対必要か?無くてもなんとかなるか?」を判断することが大切です。雑草の多さや種類を見て、「この程度なら草むしりでいける!」「この草には手取り除草では気が遠くなる・・」「この草はイモを作るので手取り除草は無理」などなど、草むしりで充分対応きるのか、もう除草剤でないと手に負えないのか、見極めることが大事なのです。雑草の種類や生え方やタイミングによっては、無駄に除草剤に頼ることになります。見極める判断基準を自分なりに身につけるためにも、とにかく一度は手取り除草に挑戦してみることです。たまに手で草むしりをして、定期的に機械で草刈りをしていれば、広葉系雑草はそれほど問題にならないことが多いと思います。ですので、広葉系にしか効かないフェノキシ酸系をわざわざ小面積の芝生に使う必要があるのかなぁ?と思ってしまうわけです。

まめな草刈りをやっていても、どうしても勢いが衰えない雑草は、宿根性の雑草だということがわかります。これらは、地下茎からどんどん出てきますので、手取り除草が事実上不可能です。宿根性の雑草のイネ科のチガヤとかスズメノカタビラなどカヤツリグサ科のハマスゲなどが、芝刈り管理をしていても問題になるほんとうの雑草です。で、こういう宿根性の雑草退治にはフェノキシ系は向いていなのです。かといって、もちろん手取りは不可能ですし。そう考えると、芝生にほんとうに必要な除草剤は、イネ科やカヤツリ草に効果がある除草剤だ、となります。

←除草剤を使う前にやること

芝生の雑草対策で、必要最小限のベターな除草剤選びを考えてみましょう。

除草剤に頼る前に、まず、広葉系の1年草雑草などは、まめな草刈りと手取り除草で対抗してみます。しかし、手取りが出来ないしつこい雑草もあります。たとえば地下茎を持つチガヤ(イネ科目)、ハマスゲ(カヤツリグサ科)、スギナ(シダ類)などは、手取り除草をしてもすぐ復活します。地下茎を持たないものでも、イネ科目のヒメシバ、スズメノカタビラなどは、芝刈りに強いため、芝刈りでかえって増やす可能性があります。こうした難防除雑草には除草剤を使うしかありません。


芝生に優しいアージランでイネ科雑草も退治

芝生の強敵雑草に対抗するのに便利なのは、酸アミド系除草剤の「アージラン液剤」です。芝に効かず、ほとんどの雑草を枯らします。アージランの成分はアシュラムという細胞分裂を阻害するものです。選択性除草剤ですが、フェノキシ系などのホルモン剤とは全く違ったタイプの除草剤で、芝には影響せずイネ科雑草および広葉雑草を退治できる、すぐれものです。分解も早く、比較的環境に優しい除草剤です。ただし、西洋芝(バミューダ、ペントグラス)には影響があるため使えません。日本芝、コウライシバに使えてイネ科雑草および広葉系雑草に効く除草剤、それがアージランです。

しつこい雑草に芝生で使えるアージラン
アージラン1リットル芝生用≫詳細
アージラン登録が畑用のもの≫詳細

アージラン公式サイト

アージラン液剤は広葉系からイネ科雑草まで幅広く効果があり、環境にも比較的優しいので、これがあればホルモン剤のフェノキシ系を使う必要がありません。アージランの欠点としては、家庭向けのお手軽商品がなくプロ用商品しかないので、正確な希釈倍液を作らねばならないなど、扱いがやや面倒であること、そして、カヤツリグサ科に効かないということです。


超高級な芝生用除草剤? SU剤

カヤツリグサ科ではとくにハマスゲやヒメクグが大問題となります。ハマスゲやヒメクグはどんどんイモ(地下茎)を作って、深いところから生えてきます。一度入ってしまったところは、泣きたくなります。こうしたカヤツリグサに効果が高い選択性除草剤が、SU剤です。SU剤(スルホニルウレア系)はお米の除草剤として開発されましたので、安全性はばっちりです。芝生用のSU剤として、「シバゲン」「インプールDF」という商品があります。もちろんハマスゲやヒメクグ以外のほとんどすべての雑草も退治できます。ほぼオールマイティに雑草退治できる、イネ科用スーパー選択性除草剤です。ただし、欠点があります。それはヒエ類には効果が劣るということと、そしてなにより、値段がすごく高いということです。

イネ科選択性除草剤の頂点に立つSU剤
インプールDF≫詳細
インプールDF公式サイト
シバゲン≫詳細
シバゲン公式サイト


カヤツリグサ対策の裏技?

ハマスゲやヒメクグなどカヤツリグサ科雑草に悩んでいるけど、SU剤は値段がとっても高い!そこまでお金をかけられない!という方は、ハマスゲなどカヤツリグサに対しては、あきらめるか、以下の秘策を使いましょう。ハマスゲに対する秘策とは、グリホ剤(グリシナート、グリホサート)またはグルホシネート剤などアミノ酸系を使うことです。もちろんグリホ剤、グルホシネート剤はいずれも非選択性ですので、芝生にかかったら芝生も確実に枯れます。ですので、ジョウロや散布機を使ってはいけません。ハケなどにつけて、狙いの雑草に塗るようポトポト落すという地味な作業が必要になります。グリホ剤を100倍から80倍の濃いめの希釈液を作り、ハマスゲの場合ですと葉っぱが分かれているところにポットっと落せます。多少芝を犠牲にしてもいい場合は、ダンボールなどで芝をガードしながらおおまかに散布する方法も考えられます。いずれにせよ、間違えてかかったりこぼしたりしても芝も枯れますので、落ち着いて根気よくハマスゲだけにハケでポトポトできる人だけが、この裏技を使ってくださいね。


フェノキシ系の使い方

植物ホルモン剤であるフェノキシ系の芝生用除草剤ですが、環境負荷的なリスクにこだわる人であれば、できればアージランを使った方がマシじゃないかと筆者は考えています。アージランはフェノキシ系の効果を上回っている上に、分解も早いからです。しかし、アージランの成分であるアシュラムを使った、お手軽系除草剤が商品化されていません。アージランはプロユースの商品で、原液を水で薄めて使うものしかありません。もっともプロユースと言っても、説明書をきちんと読めば、誰でもそんなに難しくなく使えます。ただしアージランは倍率を間違えると、芝生にも効いてしまうので注意が必要なわけです。

草刈り作業がほとんど不可能で、倍率計算に自信がない人で、なおかつ、カタバミやクローバーなど広葉系雑草を、どうしてもお手軽に枯らしたい・・・・そういう人は、フェノキシ系の各種商品を使いましょう。スプレータイプ,粒剤、そのまま散布剤など、ちょこっと使うだけなので、そんなに残留性とかシビアにならなくてもいいんじゃない?って考えも成り立つかもしれませんし。


安くて便利なフェノキシ系芝生用除草剤詳細は写真をクリック
【写真左上より】MCPPシバニードシャワー、ザイトロン原液、ザイトロン粒剤、ザイトロンスプレー剤、MCPP剤シバキープAL、MCPA剤原液



芝生用雑草予防剤

雑草予防剤タイプの除草剤は、既に生えている雑草には効かない「発芽阻害剤」です。雑草予防剤なので、草を枯らす除草剤にくらべると、効果がはっきり見えません。予防剤は効いているのか?効いていないのか?判断に苦しむところがあるので、つい多めに使ってしまうこともあります。この手の予防剤はむやみに使わず、計画性をもって使いこなしたいものです。たとえば芝の植付け直後などに使えば、うまくターフ形成ができ、結果、その後の除草剤使用回数を減らすことができます。また、芝生が生育後でも、雑草の種類によっては、他剤との組み合わせで有効です。毎年、春先に一回この予防剤を散布するのも手です。

「土に残留して」雑草を抑えるのが目的の除草剤ですが、土壌処理剤のなかでは比較的安全性が高いのが、パナフィン粒剤(ベスロジン)やデュパサン(シデュロン)などの発芽予防剤です。これは、あくまで予防専用で、既に生えている雑草には効果がありません。それぞれの得意とする雑草は、パナフィン粒剤=メヒシバ、スズメノカタビラなどの1年生イネ科雑草、デュパサン水和剤=メヒシバ、オヒシバ、ハコベ、スベリヒユなど1年生イネ科(スズメノカタビラは苦手)&広葉草。また、発芽阻害剤にプロジアミンを成分とするテマナックスがあります。プロジアミンはヒメシバ、スズメノカタビラ、イネ科目をはじめキク科以外の広葉系雑草を防止しますが、残留が長いため使用量を控え目にという意見もあるようです。

パナフィン粒剤≫詳細をみる
発芽予防剤のテマナックス≫詳細をみる




選択性土壌処理型芝生除草剤(DCBN剤)

根から吸収されて生えている雑草も枯らす超強力な土壌処理型除草剤。粒剤状の土壌処理除草剤では、いわゆる非選択性の「箱系除草剤」がほとんどですが、芝生に選択性を持つものがあります。それは、DCBNを成分とするものです。DCBNはフェノキシ系が苦手とするスギナやヒメクグ(カヤツリグサ)に効果が高いですが、他には広葉系雑草に効果があり、イネ科などにはあまり効きません。フェノキシ系を補うものとして考えていいと思います。なにしろ、粒剤で予防効果だけではなく殺草効果があるものですので、たしかに便利かもしれません。ただ筆者の場合、根から吸収され枯死させる除草剤には、やはりどうしても慎重になります。


【写真左より】DCBN剤シバキープ粒剤、ベンボール粒剤

スポンサードリンク
除草剤リンク

◯より専門的な情報は以下のサイトより
植物調節剤研究会
農水省の農薬のコーナー・除草剤が正しく登録されているかチェック
農薬ネット・有名な農薬掲示板があるサイトです
グリーンジャパン・トップ→農薬情報→除草剤で
雑草図鑑・JA全農の雑草図鑑。除草剤情報はごく一部のみ掲載
PRTR指定検索

ブログ内検索
◯この除草剤ブログは、(兼業)畑作農家である筆者A.S.が、ふだん除草剤を使っているときに、思ったり考えたりしたことなどをまとめています。このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。このサイトの除草剤の分類法などに関しては←こちらへ
当サイトの記事の著作権は管理人である兼業畑作人A.S.に属します

ブログランキング
track feed
除草剤 technora

忍者ブログ[PR]オフィスビル 住宅 ローン
【背景画像】Graphic by (c)Tomo.Yun URL(http://www.yunphoto.net )
【ご注意】このサイト「除草剤」は特に除草剤を擁護するものでも批判するものでもなく、また特定の成分の除草剤を推奨するわけでもない筆者の中立的で曖昧なスタンスを予めご了承ください。【免責事項】このサイトの情報に起因する読者の結果については、読者の自己責任であり、当サイトおよび管理人の一切の責任は問われないむねにご同意した上でお読みください。【プライバシーポリシー】当サイト「除草剤」が収集した情報(アクセス解析によるIPアドレス・いただいたメールアドレス等)は当サイトの維持管理以外の目的には使用されません。また当サイトに掲載されているGoogleAdsense広告ではブラウザーのクッキー(cookie)機能やwebビーコン機能により、閲覧をトラッキングすることが可能となっています。なお、cookieにより閲覧者個人が特定されることはありません。閲覧者はブラウザーの「cookieを受け入れる」をオフにすることができ、クッキーによるトラッキングを避けることができます。
Copyright(c)2007 除草剤 all right reseved