忍者ブログ

除草剤

プロの農家が語る除草剤の選び方

スポンサーリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

超強力なハコ系除草剤(非農耕地用)

何時の頃からか、ホームセンターなどで、洗剤のような箱に入った粒(粉)状の除草剤が売られるようになりました。いろいろな成分のものがありますが、よく流通しているのは、「長期間草を抑える!」「屋敷・駐車場用」などと書かれているタイプの非農耕地用の除草剤です。全ての草木を枯らす非選択性除草剤です。

このようなタイプのものを、このサイトでは便宜上「箱系除草剤」と呼びましょう。「箱系(はこけい)」の成分はDCMUを中心にDPA,DBN,DCBN,イソウロンなどで、これらは土壌中に長期残留し根から吸収されて、非選択的に植物を根から枯らします。生えている雑草だけでなく発芽も阻害するので、長期間(半年〜1年近く)草が生えてこないほどです。超強力すぎるので、あくまで非農耕地用です。畑(プロはもちろん家庭菜園でも)では使えませんし、このテの除草剤を処理したところは、しばらく畑にできません。


箱系VSアミノ酸系

非選択的に根っこまで枯らすという点だけをみれば、箱系除草剤とアミノ酸系(グリホ剤orグルホシ剤)は、似ています。しかし、ほんとうの効果や安全性は全く違います。グリホ剤は葉茎のみから吸収され根からは吸収されません。たとえば、グリホ剤は木のそばや下草に散布しても、木の葉に直接かかなければ、木は枯れずにそばの雑草だけ枯れます。しかし「箱系除草剤」は根っこから吸収されますので、木のそばの雑草にまいた場合、木まで枯らしてしまうので、注意が必要です。

また、グリホ剤は土壌で全く効果がなくなるので、生えている雑草のみに作用し、落ちている種には全く効きません。ですので、グリホ剤を使用して1カ月もするかしないかのうちに、雑草の陰になっていた種が一斉に芽吹きます。グリホ剤で雑草を完全に駆除するには、1月から1月半ぐらの間に最低でも2回散布しないと、雑草が無くなりません。その点「箱系除草剤」は一発で植物を全滅させるわけです!


箱系の粒剤は散布超ラク!

箱系除草剤は液体除草剤に比べて、「散布がラク」というのも特徴です。

ふつうの液体除草剤の手順はたとえばこんな感じです。→→→噴霧器を用意する→→→手袋マスクや場合によってはカッパを着用する→→→ややこしい倍率計算をする→→→原液を緊張しつつ扱い希釈液を作る→→→慎重に風向きを考えて散布開始→→→噴霧器のノズルが詰まってしまい中断・清掃→→→散布再開→→→あまった散布液の捨て場所に悩む→→→噴霧器の清掃→→→顔に少しかかってしまったので石けんで顔を洗う→→→おわり。

という具合に、ちょっとした面積を除草するのにも、けっこう大仕事です。

ところが「箱系」なら、手袋マスク着用→→→箱の蓋をあける→→→散布→→→蓋を閉めてしまう→→→おわり。

格段に便利です。しかも草を長期に抑えてくれるなんて、やっぱ「箱系」が便利かなぁと思ってしまいますよね。でも、筆者は「箱系除草剤」は使おうとは思いません。アミノ酸系で事足りますので。

箱系除草剤は確かに、散布がラク、長期間雑草を抑制します。でも、非選択性的になんでも枯らす目的なら、アミノ酸系(グリホサートやグルホシネート)を2回使えばいいのです。多少、面倒でも、やはり環境的なリスクを考えると、筆者の場合は「箱系除草剤」はちょっと躊躇してしまいますね。そもそも畑に箱系は絶対に使えませんが、たとえ屋敷内駐車場でも、アミノ酸系を使います。


箱系除草剤の成分は2系統ある

一口に「箱系除草剤」といっても成分はいろいろですので、まず成分を確認してみましょう。よく目につくのは、(1)DCMUをベースに他にDCBN,イソウロン,メトリブジン,シアナジンなどを加えたもの(2)カルブチレートのものがあります。DCMU系とカルプチレート系に分類できそうですが、このDCMUとカルプチレートともに光合成阻害作用で草を枯らすものです。

さて(1)DCMU(別名ジウロン)は最近あまり評判がよくありません。PRTR指定(参照→PRTRとは?)の化学物質ということもあるし、DCMUは除草剤以外にも船の船体塗料に使われていて、海洋汚染(サンゴなど)が疑われているからです。(1)DCMU系に比べると(2)カルブチレート系のものが、比較的マシかもしれません。カルブチレート系除草剤は、林業の下草管理などでの使用が認められていて、比較的環境影響は少ないと思われる薬です。


カルブチレートを成分とする箱系除草剤
カダン・オールキラー≫詳細


結局のところ「箱系」は・・・

いずれにせよ、非選択的に草木を枯らすという目的であれば、「箱系除草剤」ではなくアミノ酸系で充分対応できます。目的達成のためにはどちらの手段でもよいわけです。確かに「箱系除草剤」はラクで、一度枯らすとしばらく草が生えてきません。そもそも箱系除草剤で使われる成分は鉄道や道路管理などの要求から作られています。そうした成分を家庭用にしたのが、箱系除草剤です。つまり箱系除草剤はちょっこラクをするために作られています。そして、ちょっとラクをするために、環境リスクが疑われている化学物質を散布するのか? それとも少し手間でも環境に優しいとされる化学物質を散布するのか? その選択権はユーザーであるみなさんにあるわけです。

DCMU +他成分の箱系除草剤

【写真左上より】クサノンDX(メトリブジン・DBN・DCMU)、GFクサレンジャー(ブロマシル・DCMU)、ネコソギエースA粒剤(イソウロン・DBN・DCMU)、草退治粒剤(シアナジン・DCBN・DCMU)、GFダイロン微粒剤(DCMU)、クサダウンA粒剤(MCPP・DCMU・DPA)、クサノンMP粒剤(イソウロン・テトラピオン・DCMU・DPA)、クサノンQ微粒剤(グルホシネート・メトリブジン・DCMU)

DCMU以外の成分の箱系除草剤

【写真左より】クサキング粒剤(成分イソウロン)、カソロン(成分DBN)、ハイバーX粒剤(成分プロマシル)


【おまけのキュー&エー】(文責は当サイト管理人A.S.による)
Q :「箱系除草剤」を使った後に、雑草が無くなったので花やハーブを植えたくなりました。でも除草剤の残留が心配です
A:そういうことなら、はじめから土壌に残留しないアミノ酸系除草剤を使ってください(笑)。どうしても箱系除草剤跡地に花を植えたいなら→こんな商品←があります。ハーブは食べるかもしれないので1年以上は植えないほうがいいんじゃないでしょうか。

PR
スポンサードリンク
除草剤リンク

◯より専門的な情報は以下のサイトより
植物調節剤研究会
農水省の農薬のコーナー・除草剤が正しく登録されているかチェック
農薬ネット・有名な農薬掲示板があるサイトです
グリーンジャパン・トップ→農薬情報→除草剤で
雑草図鑑・JA全農の雑草図鑑。除草剤情報はごく一部のみ掲載
PRTR指定検索

ブログ内検索
◯この除草剤ブログは、(兼業)畑作農家である筆者A.S.が、ふだん除草剤を使っているときに、思ったり考えたりしたことなどをまとめています。このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。このサイトの除草剤の分類法などに関しては←こちらへ
当サイトの記事の著作権は管理人である兼業畑作人A.S.に属します

ブログランキング
track feed
除草剤 technora
スポンサードリンク

スポンサードリンク


忍者ブログ[PR]
【背景画像】Graphic by (c)Tomo.Yun URL(http://www.yunphoto.net )
【ご注意】このサイト「除草剤」は特に除草剤を擁護するものでも批判するものでもなく、また特定の成分の除草剤を推奨するわけでもない筆者の中立的で曖昧なスタンスを予めご了承ください。【免責事項】このサイトの情報に起因する読者の結果については、読者の自己責任であり、当サイトおよび管理人の一切の責任は問われないむねにご同意した上でお読みください。【プライバシーポリシー】当サイト「除草剤」が収集した情報(アクセス解析によるIPアドレス・いただいたメールアドレス等)は当サイトの維持管理以外の目的には使用されません。また当サイトに掲載されているGoogleAdsense広告ではブラウザーのクッキー(cookie)機能やwebビーコン機能により、閲覧をトラッキングすることが可能となっています。なお、cookieにより閲覧者個人が特定されることはありません。閲覧者はブラウザーの「cookieを受け入れる」をオフにすることができ、クッキーによるトラッキングを避けることができます。
Copyright(c)2007 除草剤 all right reseved