忍者ブログ

除草剤

プロの農家が語る除草剤の選び方

スポンサーリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アミノ酸系除草剤を使うポイント

アミノ酸系除草剤とは、成分にグリシナート(グリホサートアンモニウム塩、イソプロピルアンモニウム、イソプロピルアミン塩などすべて同じ意味)が使われているものである。業界ではグリホ剤と呼ばれることも多いが、グリシナートがアミノ酸をもとにした化合物であることから、アミノ酸系除草剤とも呼ばれ、なんとなく悪くないイメージをかもし出している。また、グリホ剤の兄弟的なグルホシネート剤もある。

◯アミノ酸系除草剤は、土壌中の分解が早く、アミノ酸や水や炭酸ガスに分解されるので、土壌中に化学合成物質を残さないとされる。そのため環境に優しいと言われている。

◯1年草多年草科目をとわず草から木まで、ほとんどの植物は全て枯れる(非選択性)。広葉の1年草雑草を枯らす場合は薄い倍率(200倍)で。多年草や地下茎のある雑草には100倍〜50倍の濃ゆい濃度で使う。ただし濃度による選択性は無いので注意すること。薄い濃度のものでも木などにかかった場合、数ヶ月後になってから影響が出て枯れることが多い。

◯葉茎からの浸透移行性があるため、葉茎にかかった成分が吸収され根っこまで届き、根まで枯れる。除草剤自体の成分は比較的安全っぽいが、その効果は絶大である。特に宿根性のしつこい雑草には威力を発揮する。地面からは吸収されることはない。

◯土壌で直ちに不活性化し、根からは吸収されないので、有用作物の草茎にさえかけなければ、有用作物の根元近くまで散布できる。つまり果樹園の下草や、生け垣のそばでも使える。また、土中に残らないため、田畑の植付け前にも処理ができる(登録内容に従うこと)

◯雑草のヤマになっているようなところを、一度アミノ酸系除草剤で枯らすと、それまで草陰に隠れていた種が一斉に発芽するので、それらの第2波雑草が花をつける前に2回目の散布をするのが標準的な方法である。雑草発芽直後ではなく、本葉4〜5枚以降でなおかつ蕾みを付ける前が効きやすい。

◯成長点に作用して枯れるので、散布の前に草刈りがしてあると、成長点が小さく、アミノ酸系除草剤は効かない。散布の前に草刈りをしないこと。

◯一般に効果が見えるのに5日〜1週間、枯れるのに2週間はかかるので、早めの計画で使う。また、雑草の花が咲く前の次期にまけば、比較的早く効きやすい。冬より夏が効きやすい

◯散布はジョウロでもよいが、ラウンドアップ専用ノズルが早くて便利。多少のカケムラでも枯れる。

◯枯れた後の作物の繊維質は残るので、土壌への有機物還元ができる。大きく育った雑草は立ち枯れたまま残っているため、枯れた後に一度刈り払い機などで倒す必要があることも。面倒だが生草の時より、遥かに簡単に倒せる(ナイロンコードも便利)。畑の有機物補給と考えればよい。

◯アミノ酸系除草剤は、老舗の「ラウンドアップ」がもっとも有名だが、同じ成分のもので、違うメーカーからさまざまな商品名で発売されている。成分がグリシナート(グリホサートアンモニウム塩、イソプロピルアンモニウム)であれば、どれでも大差ない。値段もいろいろなアミノ酸系除草剤だが、メーカーにより「登録内容」が違うので、注意すること。たとえば非農耕地専用というものは、法律上厳密なことを言えば家庭菜園に使っても農薬取締法違反になる。

◯アミノ酸系除草剤は人畜毒性がかなり低いとされる。ペットなどでも中毒にはならないらしいが、魚への影響は多少ある(残液は排水に流さずに、土に染み込ませること) おおむねグリシナートの人畜への影響は少なく比較的低毒性であるという評価が大勢をしめているが、一方で、ごく低濃度でヒトの性ホルモンに影響を与え胎盤形成に悪影響を与えるという研究報告もあるらしい。



定番グリホサート剤ラウンドアップ

【送料無料】ラウンドアップマックスロード 5L

【送料無料】ラウンドアップマックスロード 5L
価格:10,100円(税込、送料込)

農耕地でも使えるアミノ酸系グリホ剤

≫詳細は各写真をクリックしてください。登録作物は各剤によって違います。

【写真左より】グリホエキス、エイトアップ、サンフローン、タッチダウン、クサクリーン


非農耕地専用のアミノ酸系グリホ剤

≫詳細は各写真をクリックしてください

【写真左より】グリホエース、グリホキング、草退治シャワー



定番グルホシネート剤バスタ

バスタ公式サイト


バスタ以外のグルホシネート剤

ザッソージ

次ぎ⇒芝生用除草剤

PR
スポンサードリンク
除草剤リンク

◯より専門的な情報は以下のサイトより
植物調節剤研究会
農水省の農薬のコーナー・除草剤が正しく登録されているかチェック
農薬ネット・有名な農薬掲示板があるサイトです
グリーンジャパン・トップ→農薬情報→除草剤で
雑草図鑑・JA全農の雑草図鑑。除草剤情報はごく一部のみ掲載
PRTR指定検索

ブログ内検索
◯この除草剤ブログは、(兼業)畑作農家である筆者A.S.が、ふだん除草剤を使っているときに、思ったり考えたりしたことなどをまとめています。このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。このサイトの除草剤の分類法などに関しては←こちらへ
当サイトの記事の著作権は管理人である兼業畑作人A.S.に属します

ブログランキング
track feed
除草剤 technora
スポンサードリンク

スポンサードリンク


忍者ブログ[PR]
【背景画像】Graphic by (c)Tomo.Yun URL(http://www.yunphoto.net )
【ご注意】このサイト「除草剤」は特に除草剤を擁護するものでも批判するものでもなく、また特定の成分の除草剤を推奨するわけでもない筆者の中立的で曖昧なスタンスを予めご了承ください。【免責事項】このサイトの情報に起因する読者の結果については、読者の自己責任であり、当サイトおよび管理人の一切の責任は問われないむねにご同意した上でお読みください。【プライバシーポリシー】当サイト「除草剤」が収集した情報(アクセス解析によるIPアドレス・いただいたメールアドレス等)は当サイトの維持管理以外の目的には使用されません。また当サイトに掲載されているGoogleAdsense広告ではブラウザーのクッキー(cookie)機能やwebビーコン機能により、閲覧をトラッキングすることが可能となっています。なお、cookieにより閲覧者個人が特定されることはありません。閲覧者はブラウザーの「cookieを受け入れる」をオフにすることができ、クッキーによるトラッキングを避けることができます。
Copyright(c)2007 除草剤 all right reseved