忍者ブログ

除草剤

プロの農家が語る除草剤の選び方

スポンサーリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

除草剤は悪く言われすぎ?

 除草剤というと、一般の方には、どうしても猛毒のような悪いイメージがあるかもしれません。環境破壊の代名詞として、とても悪いもののように考えている人が、少なくありません。除草剤と聞くだけで眉をしかめる方もいるでしょう。もちろん除草剤を使うからには、環境へのなんらかの影響が、多かれ少なかれあることは事実です。しかし必要最小限の使い方、選び方を考えれば、除草剤の存在意義も見えてくると思います。

 野外の現場では、除草剤は、いつも頼もしい存在です。除草剤は、農業生産をはじめ、道路・公園・鉄道・各種建物敷地内などいろいろな場所の管理現場で活躍するたいへん便利なものです。特に農耕地用の除草剤などは、安全性と環境への負荷がいかに少ないかを重視して開発されているので、正しい使い方をすれば、通常の範囲では問題ないでしょう。

除草剤と一口に言っても、さまざまなタイプがあり、種類や使われ方によっても、環境への影響や、人畜へのリスクも変わってきます。ですので、じっぱひとからげにして「除草剤=悪」と決めつけるのは、どうかとも思います。

市民権を得ている?アミノ酸系除草剤

最近では「環境に優しい除草剤」とされるアミノ酸系の除草剤の商品も増えて、庭や家庭菜園などでも気軽に使われるなど、除草剤も少しずつ市民権が得られているのかなぁと思えます。

 もちろん、除草剤の多くは、化学合成物質ですので、化学合成物質=未知なる危険がある異物・・・そんな考え方にのっとって言えば、危険なものかもしれません。また、アミノ酸系とは対照的にパラコート系など経口毒性の強い薬があるのも事実です。さらに、手軽に環境破壊できてしまう道具としての除草剤・・・そんな視点からすると、否定されるべきものかもしれません

 それでもやはり、私たちの快適で便利で「豊かな」生活にとって、除草剤が果たしている役割は、大きいと言わざるをえません。我々の現代的な日常生活で必要な化学物質は数多くあり、そのひとつのグループが除草剤だというふうに考えればいいのでないでしょうか? なんだか他の化学物質に比べて、除草剤は過度に敵視されているような気もします。

 このサイトでは、現代社会における除草剤の役割、各種除草剤の使い方や選び方、さらには、除草剤を使わない方法の模索などについて述べ、よりベターな選択の仕方を考えていきたいと思います。


PR
←除草剤は果たして悪者か?

今時、家族総出で草むしりなんてやる?

そもそも何で除草剤が必要なのでしょうか? たとえば、農業で考えた場合、まず、除草剤なんかない昔だったら人海戦術で草むしりをするとかやっていたわけです。昔の農家は、はじめから採算度外視というか、みな働き者で年寄りから子供まで常に無償で草むしりに動員されていました。もし今これをやろうとすると、コストがかかり過ぎる、というより、農産物価格が安く、はじめから草ムシリにかける経費なんかないので、現代のふつうの農業において草むしりは無償労働うんぬん以前に、もはや不可能に近くなっています。今どき子供を(体験的にはあるとしても)日常的に草むしりに駆り出す農家もいないでしょう。

除草剤を使わずに、草むしりすることで農産物の付加価値を上げ、草むしりぶんの経費を稼ぐ方法論も試みられています。シルバー人材でも頼んで手取り除草をやってみたとしても、草むしりというのはかなりのコストがかかりますので、雑草対策の技術、付加価値付けの販売技術など、採算ベースにのせるのには微妙な問題が出てきます。

薬剤を使わない除草方の例

そもそも雑草対策というものは、ただ闇雲やるというワケでもありません。除草剤を使わないといっても、ひたすら手取り除草だけではありません。雑草対策の戦略・ビジョンを持つべきです。たとえば、一年の雑草の周期を知り、早め早めに除草することで、効率を上げることができます。エンジン刈り払い機を使ったり、バーナーで焼いたりとか、表面だけ浅く耕うんするロータリーなどの機械も活躍します。こうしたものを駆使して、雑草が次ぎの種を作る前に先手先手で対策をしていけば、戦略的な雑草対策ができます。

さらに、一定の環境条件がととのえば、草むしりもせず除草剤も使わずに除草することもできます。たとえば動物を活かす田んぼのアイガモ除草や果樹園のアヒル除草などです。これらは微笑ましく楽しい農園を演出しますが、実際には動物の管理など、けっこう手間やコストがかかります。ビニールハウスでは、真夏にビニールシートを被せて草種を蒸し焼きにしてしまう方法もあります。海水や米ぬか木酢液などを除草剤代わりに使う方法も試みられています

これらの方法は、除草剤に比べると、時間、手間,場合によってはお金という大きなコストがかかりますが、そのぶん除草剤無使用!ということを販売価格に上乗せすれば、除草剤のない農業が実現できるのでは?と思えます。しかし、なかなかそれがスタンダードになってこないのは、どうしても庶民にとっては農産物(特に野菜など)は安かれ良かれがまだ主流で、高い農産物は売れにくいということがあるようです。庶民の環境や安全性への関心の高さの割には、有機農産物の市場の成長は伸び悩んでいるような状況からしても、価格と安全性をテンビンにかけた場合、微妙な選択がされているわけです。


←除草剤を使わない農業の方法

除草剤は安全な道具?

除草剤を使わない農業という夢・・しかし、現場ではなかなかそう簡単ではないようです。たとえば、除草剤の替わりに、刈り払い機を使えばいいじゃないか!と思います。しかしエンジン刈払機による事故は、農作業事故の上位を常に占めているのです。除草剤による中毒事故も稀にありますが、エンジン刈払機の事故は日常的におきているといっても過言ではないでしょう。作業する現場の農家にとっては、「エンジン刈り払い機よりも除草剤が遥かに安全な道具」なわけです。

なんとか付き合える雑草と、ダメな雑草

雑草をなんとか薬に頼らずにおさえていこうと思っても、なかなか手に負えない雑草があります。手に負えない雑草は、たいてい外来の雑草です。結論を言えば、もともと日本にはない外来雑草に対して除草剤の大きな存在意義があります。帰化植物と呼ばれるこれらの雑草は、もととも日本にあった雑草を駆逐して、すごい勢いで広がっていきます。先住の植物を駆逐するぐらいの力を持っているからこそ、「強い雑草」になるわけです。農家を悩ましている雑草の多くは帰化植物なのです。

もともと日本にある雑草ですと、春先の中耕(途中で耕すこと)を2〜3度やれば、あとは野菜が勝って雑草を気にならない程度に押さえてくれることも多いです。ある程度のバランスや季節感がある生え方をするのが、もともともの雑草なのです。こうした雑草は、人間と自然が織りなす「里山」の文化の中では、ときに薬草となったり、ときに敷草や草木灰の原料になったり、雑草との「上手い付き合い方」ができるのです。このような雑草ならば、植えた野菜を援護するようなスタンスで、雑草の出ばなをくじいてやれば、自然のリズムにのっとって、あとは雑草対策ができるというわけです。


スポンサードリンク
除草剤リンク

◯より専門的な情報は以下のサイトより
植物調節剤研究会
農水省の農薬のコーナー・除草剤が正しく登録されているかチェック
農薬ネット・有名な農薬掲示板があるサイトです
グリーンジャパン・トップ→農薬情報→除草剤で
雑草図鑑・JA全農の雑草図鑑。除草剤情報はごく一部のみ掲載
PRTR指定検索

ブログ内検索
◯この除草剤ブログは、(兼業)畑作農家である筆者A.S.が、ふだん除草剤を使っているときに、思ったり考えたりしたことなどをまとめています。このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。このサイトの除草剤の分類法などに関しては←こちらへ
当サイトの記事の著作権は管理人である兼業畑作人A.S.に属します

ブログランキング
track feed
除草剤 technora
スポンサードリンク

スポンサードリンク


忍者ブログ[PR]
【背景画像】Graphic by (c)Tomo.Yun URL(http://www.yunphoto.net )
【ご注意】このサイト「除草剤」は特に除草剤を擁護するものでも批判するものでもなく、また特定の成分の除草剤を推奨するわけでもない筆者の中立的で曖昧なスタンスを予めご了承ください。【免責事項】このサイトの情報に起因する読者の結果については、読者の自己責任であり、当サイトおよび管理人の一切の責任は問われないむねにご同意した上でお読みください。【プライバシーポリシー】当サイト「除草剤」が収集した情報(アクセス解析によるIPアドレス・いただいたメールアドレス等)は当サイトの維持管理以外の目的には使用されません。また当サイトに掲載されているGoogleAdsense広告ではブラウザーのクッキー(cookie)機能やwebビーコン機能により、閲覧をトラッキングすることが可能となっています。なお、cookieにより閲覧者個人が特定されることはありません。閲覧者はブラウザーの「cookieを受け入れる」をオフにすることができ、クッキーによるトラッキングを避けることができます。
Copyright(c)2007 除草剤 all right reseved